子どもの野菜湘南藤沢農場とは

こんにちは。

子どもの野菜湘南藤沢農場を運営している春日です。

きっかけ

私は、2014年に多摩市役所を退職後、こちらの農場の運営を行ってきました。

きっかけは、私が教育委員会に配属になっていた時でした。

小学生が学校給食を食べたことで、アレルギー反応を起こし、なくなってしまったのです。

それがきっかけで、子どもたちに安全、安心でおいしい学校給食を届けたいという想いが強くなりました。

そんなとき、えと菜園の小島希世子に出会い、コトモファームという体験農園を始めることになりました。

その後、コトモファーム上級者コースを受講し、農業での起業の準備を始めます。

そして、小島さんの紹介で4000㎡の農地も借りられることになり、2014年9月から農薬を使わず、化学肥料も使わない野菜の栽培を開始し、現在に至っています。

場所

当農場は、神奈川県藤沢市にあります。

ただ、農場には看板が設置できないため、はじめての方は見つけられないかもしれません。

私は東京の立川に住んでいますが、毎日片道1時間半をかけて車で通っています。

藤沢に引っ越すように周りからは言われることもありますが、車を運転している時間がその日の畑のことや、今後の畑のことについて考える良いリラックスの時になっていると感じているため、引っ越す予定はありません。

子どもに安全、安心でおいしい野菜を届けたい

学校給食の困難さ

私はこれまで農薬や化学肥料を使わずに育てた野菜を学校給食に提供したいと考えて、取り組んできました。

実際毎年一定量の野菜を藤沢市内の学校給食に届けています。

しかし、6年間の経験を経て、限界を感じており、新たな展開を目指す必要があると感じています。

その理由は大きく2点です。

1つは学校給食としての野菜の買取金額です。

もう1つは、野菜の規格の厳しさです。

学校給食は野菜の皮むきなどは機械で行います。

そのため、機械に合わない野菜は買い取ってもらうことができません。

適切な大きさの野菜以外のものは、余ってしまうため、他の販路を探すことになります。

結果、楽天ラグリなどに出品することとなり、2018年には新人賞も受賞しました。

インターネット上で販売すれば、学校給食よりも高く買ってもらうことができます。

しかし、それでは当初の目的である安全、安心でおいしい学校給食を届けるという想いからは離れてしまうという葛藤がありました。

無農薬栽培の困難さ

また、無農薬栽培であるため、雑草の伸びがすごいです。

特に夏場は毎日が草刈りといった感じですが、野菜を植えたところは機械を入れられないため、対応がしきれない状態になってしまっています。

もちろん、多くの友人・知人にご協力いただいているのですが、それでも伸び行く雑草には勝てません。

実は、雑草は野菜の栽培にはそれほど大きな影響を与えません。

しかし、雑草が伸びていると、その種が回りの畑にも散らばり、他の畑に雑草が生えやすくなってしまいます。

他の畑では農薬を使って雑草を抑えているにも関わらず、こちらの畑の種の影響で雑草が増えてしまっては良い迷惑です。

そのため、周りの方々から指摘を受けることもあります。

いつでも、何度でも、いくつでも収穫できる農場へ

これまで6年間、学校給食用の野菜を育てることで、ビジネスとして事業を継続していきたいと考えていました。

しかし、当初思い描いていた野菜を販売した収益で畑の運営を継続することは困難だとわかりました。

また、もともと市役所を定年退職した後にはじめた取り組みで、年金で生活ができる範囲内での取り組みです。

そのため、これからは、畑にお越しいただいた方にがいつでも、何度でも、いくつでも収穫ができる畑にすることにしました。

最近、子ども食堂というものが流行っていますが、それの農場版だと考えていただければと思います。

お子さんであればどなたでも、さらに学校給食用に野菜を販売いただけるのであれば、どなたでも収穫ができます。

そして、学校給食用に販売いただいた場合の収益はすべて差し上げます。

このような形で、どうやって継続性を担保していくのかはまだ見えていません。

しかし、安全、安心でおいしい学校給食を届けたいという想いと、これまでの6年間の取り組みを振り返って、このような形で実施してみることにしました。

ご利用いただくためのルール

子どもの野菜湘南藤沢農場は、いつでも、何度でも、何個でも収穫ができる農場です。

ただ、多くの方々にご利用いただいているため、2つのルールを設けさせていただきます。

初回の人は訪問日時をお知らせを

先にも述べた通り、子どもの野菜湘南藤沢農場は看板などを設置できないため、見つけることが困難です。

また、季節や天候によって、その時に採れる野菜はことなります。

そのため、はじめての方が突然お越しいただいても収穫できるものがゼロという可能性もあります。

それを避けるため、はじめていらっしゃる場合は、事前にご連絡をいただくことにしました。

こちらの問い合わせフォームからお願いします。

SNS等での情報発信

ほぼ毎日畑に行っているため、誰かが収穫をした場合は、気づきます。

せっかくお越しいただいた方がどなたなのかを把握できると、私自身の励みになるとともに、どのように食べられたかということを把握できるようになるため、SNS等で情報発信をしていただくことにしています。

twitter、Facebook、Instagram、lineなど、形態は問いませんので、ぜひ発信をお願いします。

#子どもの野菜

にしていただけますと幸いです。

最新情報

 

お問合せ

子どもの野菜 湘南藤沢農場は、子どもたちに安全、安心でおいしい学校給食を届けたいという想いの元運営しています。

その想いに賛同いただける方は、自由に野菜を収穫いただけます。

はじめての方は、こちらから訪問日時についてお知らせください。